BTC半減期近づく!アルトコインはどうする?今後の方針について -2024年2月-

アルトコイン(草コイン)

ビットコインが47,000ドルを突破しました。

残り9つほどアルトコインを購入予定のため、今後の方針について記事にします。

 

まとめ

高い位置にはあるもののビットコインは節目を突破し、半減期に向けて更なる上昇が見込まれる。

アルトコインは一部は既にバブル状態。

一方で上昇していないアルトコインも多く、チャンスを狙っていく。

 

ただし、特に低時価総額の通貨は、本当のバブル期に資金が入りやすいため、半減期終了後に大きく落ちてからでも遅くない。

一時的に落ちるのを覚悟できる方のみ購入を推奨。

現時点では高いため、下落の覚悟がなければ購入はおススメできない。

恐らく、半減期前後で半減期の事実売りがあると思われる。

 

また、100倍を狙うアルトコインは、短期的な振り幅は気にしない一方、詐欺や大幅下落のリスクも重々承知しておく。

 

BTC、47000ドルを突破!

約49,000ドルから38,000ドルに下落(約23%)した後、再び大きな大陽線を形成しました。

etf上昇からの取引高や株価の上昇につられているのもありますが、ビットコインの半減期があと67日ほどに迫っており、この期待上げもあるかと思います。

ビットコインカウントダウン半減期サイト:https://watcher.guru/bitcoin-halving

 

アルトコインは残り9銘柄の購入が残っていますが、自分が狙っている通貨の購入ポイントには至らず、チャンスをじっくり待とうと思っています。

 

アルトコインの一部はバブル状態、バイナンスローンチ銘柄はマジキチ

数日で倍になる銘柄も・・・

 

バイナンスのローンチ通貨など一部のアルトコインはめちゃくちゃ強い状態が続いています。もうアルトコイン買わなくても良いのでは?と思うくらいのバイナンスのローンチ通貨はバブル期のような伸びを見せています。

 

最近、様々なアルトコインがバイナンスでローンチされていますが、利確したSEIをはじめ、伸び率が半端ないです。恐らく、今期も前回のように本当にこれからバブルがくればヤバいパフォーマンスになると感じています。現時点でも既に60倍になった通貨もあり、今がバブルなのかもしれないと感じるほどです。

 

投資利益率最強のバイナンスローンチパッドの仮想通貨31種まとめ

▲前回のバブル期のバイナンスローンチ通貨のヤバすぎるパフォーマンスまとめ

 

SEIは伸びも良く、元から時価総額が高かったので半分売りましたが、すでに高値更新しそうで後悔しそうなレベルです。何でこんなに上がるねん!w

今期はローンチパッドだけでなく、ローンチプールの通貨もパフォーマンスが良く、非常に驚いています。

 

最近では、ステーブルコインのFDUSDをバイナンスが激押ししており、BNBが無い人でもステーブルコインでステーキングができて新通貨がもらえるため、グローバルを使用している方はFDUSDを預けて確実にもらっておいた方が良いです。

 

不安点は、少しローンチプールの銘柄が多すぎる点ですかね。最近、バイナンスはステーブルのFDUSDを推しているためかBNBやFDUSDを使ったローンチプールが非常に多いなと感じています。

 

現在、バイナンスでステーキング可能(グローバルのみ)なPIXAL。10日のみでBNBやFDUSDを預けてもらう形式。日数が短いかわりに様々な通貨をもらえる点が今期の大きな特徴。

 

現在、ビットコインも高く、無理して買う段階ではないなと感じています。というのも自分が落ちる覚悟、もしくは高いなと思って購入した銘柄のパフォーマンスが悪いからです。

ここで、僕が今期、新しく所持している通貨の現時点での成績を以下に記載します。

あと僕が思う各通貨に対する意見などもできるだけ短く書いておきます。

 

投機用通貨:現時点での成績

基準は100%です。

 

●事前購入投機通貨

・GALA(GALA)

180%。最高の底値のタイミングで購入できたと思われる自画自賛モードに入りそうではあるが、大きな伸びも見込めていない。ただし、ゲーム銘柄では現時点ではStepnのGMTと1,2を争う良通貨であると感じています。

 

・ApeCoin(APE)

126%。底値では買えたが、NFT自体の取引高が上がらず、猿のNFTも暴落中で通貨の出来高が低く、かつてのような伸びを見込むのは難しいかもしれないと感じています。

 

・Alpaca Finance(ALPACA)

81%。含み損ではあるが、直近の出来高が過去最高といえるほど高く、個人的には心配していない。あえていえばもっともっと出来高が上がってきて欲しい所です。戻るとは思っているものの、今期、Defiは流行ではなく、大きな伸びは期待できないかもしれません。

 

●バイナンスローンチ通貨

もうバイナンスのローンチ通貨だけでええやん・・・といえるレベル。マジでパフォーマンスが高いです。%のみ。今後の新記事で新たなローンチ戦略を公開する予定です。

・Memecoin(MEME):2300%

・Hooked-Protocol(HOOK):900%

・Open Campus(EDU):1396%

・Space ID(ID):2822%

・Arkham (ARKM):1198%

・NTRN(NTRN):456%

・CYBER(CYBER):530%

・PENDLE(PENDLE):430%

・SEI(SEI)※半分利確済:1093%

・NFPrompt(NFP):2820%

・AI(AI):3966%

・XAI(XAI):4600%

New!・Fusionist(ACE):2497%

New!・Altlayer(ALT):6000%

New!・Manta Network(Manta):5820%

New!・PIXEL(PIXEL):上場予定。現在、グローバルで10日限定でファーム可能。BNB、もしくはFDUSDのみ

 

●BNB売却分10%の20銘柄チャレンジ(他9銘柄は後に購入予定)

・CropBytes(CBX)

71%。チャート形状が悪い。下がっても粘り強く持ち続ける予定。誤差範囲だと思っていますが、肝心のゲーム自体の伸び(ユーザー数など)が弱く、詐欺ではないものの、失敗もありうると考えています。

 

・Pintu(PTU)

160%。購入時にやや高いなと感じたが伸びている。しかし、100倍を狙う銘柄であり、時価総額がまだまだ低く、この段階では気にしていない。

 

・iZUMi Finance(IZI)

92%。イイ感じだと感じているが、出来高がもっと欲しいところ。

 

・Curve(CRV)

92%。結果論ではあるが、今、もしくは更に下がるのを待って購入した方が良かったと思う。現在も時価総額100位ほどの上位アルトであり、現時点でもそれなりの資金が残っている点で下位アルトよりは安定するかと思われる。

 

・Forta(FORT)

102%。コインベースやバイナンスUSなどに上場はしているが、その割に時価総額550位ほどと低い。何かの手違いで注目される可能性はある。とはいえ、とにかく出来高が低いのが、気になります。もっと上がってこないとという感じはある。

 

・JASMY Coin(JASMY) ※2銘柄分

114%。チャート形状は理想的。信頼は失ったが、真面目に開発は行っている。市場で既に見捨てられた感も良い。ただし、出来高が異様に低い点が気になります。用途などを増やし、今の5倍の出来高は欲しい。

 

・Phala Network(PHA)

102%。出来高は上がっているが、大きな買いも入らず注目はされていない印象。

 

・Prom(PROM)

156%。時価総額321位。NFT銘柄ではあるが、順調。今期のNFTの市場の期待値を考えて、最大10倍を目指している銘柄。

 

・Work-x(WORK)

57%。新通貨で上場売りに巻き込まれ1番のマイナス通貨に。失敗しました。という感じです。とはいえ、下落は覚悟していたものであり、はじまったばかりなので持ち続けます。

 

・Chappyz (CHAPZ)

114%。購入時、セールの3.5倍で購入とやや高いかなと思ったものの、AIブームに乗り、順調。とはいえ、100倍を目指す銘柄であり、現時点では値動きはあまり気にしていないです。AI銘柄は、動きも激しく、購入するなら底待ちした方が良いかと思われます。

 

●売却済通貨

・CTXC

3倍売却。売却後に下落も現在は更に価格は上昇。仮に今から調整がきても僕が狙った価格で買えることはないでしょう。変動の激しいAI銘柄でもこういえるくらい順調であると思います。

 

・SEI(SEI)

11倍半分売却。新通貨であの時価総額で更に上を目指しています。非常に期待値が高い銘柄だと感じています。僕の狙った価格で買い戻せることはバブル崩壊期にならない限りはないでしょう。

 

●スキャム通貨

SleepFuture(SLEEPEE):1%で売却済。詐欺通貨でした。m(–)m

 

 

タイトルとURLをコピーしました